カビは、快適住生活の大敵です。カビの特徴を勉強してみましょう。

カビは、吸い込んだり触ったりするとアレルギーによる症状が出ることがあります。

しかも衣類の劣化や木材などを腐らせたりもする厄介なやつなのです。

人間が生活するところであればどこにでも出没し繁殖していきます。

確率的には、少ない事例ですがカビにより不幸にも死亡してしまう場合だってあるのです。

家の中にカビを発生させないことは、健康で快適に暮らす条件の一つでもあるのです。

カビ対策として結露やエサとなるホコリをなくしカビを発生しにくい状況を

作ることが大切です。

カビの性質を調べてみるとこんな感じでした。

カビが発生する条件は、マイナス10度~プラス50度の温度で発生する。

結構広範囲な温度での発生です。実際には、20~30度が適温です。

湿度は、70%~100%が繁殖する湿度となるので結露は大敵です。

そしてエサとなる栄養源ですが食品、ホコリ、髪、ふけ、木材、紙、

畳、塗料、ビニールクロス、プラスチック、革製品、家具、化粧品、

観葉植物、接着剤など有機・無機系にかかわらず栄養源となるとのこと!

これでは、人間が生活しているところに必ずエサは存在するので

発生するのも仕方がないのです。 最後に酸素が必要です。

カビは、胞子を飛ばして繁殖していきますので部屋の換気も大切です。

トモホームでは、カビの対策の一つとして全熱交換式24時間換気ステムが

貢献しています。(効果はこれだけではないのですが)

湿度を下げて(50%~60%ぐらいに)換気をしっかりする。

このことによって今までに建てていただいたお客様からカビが発生したという

お話は、聞いたことがありません。

特別なことをしなくてもカビの発生を抑えれる家っていいと思いませんか。

湿度の高い梅雨時などには、家の中での生活で経験したことのない

快適さを確保してくれます。

ベタつきなどが少ない快適な生活です。

住んでから判ることなのでブログでは言い表しにくいのですが・・・

モデルハウスでも今年の梅雨時、快適でしたよ。

長いこと住んでいく家を建てるならいろんな角度から比較してみてください。

テーマ : もっとイイ暮らし
ジャンル : ライフ

tag : カビ 対策

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ごあいさつ
高気密・高断熱・遮熱・通気工法の
省エネ住宅『トモホーム』です。
お客様お一人おひとりに合った快適な暮らしを!をもっとうにスタッフ一同頑張っております。
高知で高気密・高断熱住宅をお考えの方は是非ご相談ください。

株式会社 土居工務店
住宅事業部 《トモホーム》
高知市高須本町8-3
フリーダイヤル
0120-189-718

事務所の場所
TOMOHOME ホームページ
トモホームホームページ
最近の記事
ブログ内検索
MENU
高性能標準仕様
オプション仕様リンク
リンク
お役立ちリンク
RSSフィード
訪問ありがとうございます
ブログランキング
応援お願いします。
ランキングバ-ナ-
bn
QRコード
QR