薊野建売物件 <気密測定>

断熱材の吹付が終わった時点でお家の気密が取れた状態になりますので気密測定を行います。ただし、本来の正式な気密測定の実施時期は工事完了時とされています。

ではなぜ中間時期に行っているのかというと、完成時に気密漏れがあるとわかっても、場所の特定が困難で補修することがまずできません。その他にも理由はありますが、壁内の見える中間時期に行うことで、気密漏れがあっても塞ぐことができます。また、漏れやすい場所を事前にチェックすることができますので、今後の品質向上に生かすことができます。
そのため現在は断熱施工後に気密試験を行っています

200616-高気密住宅

気密測定装置

200616-高気密住宅認定書

↑こちらが今回の気密測定結果です。

気密性能は相当隙間面積(C値)で表されますが、今回の物件の測定値が0.2㎠/㎡でした。総相当隙間面積が23㎠ですので2.3cm×10cmとして家全部の隙間を足し合わせるとだいたい消しゴム2個分程度の大きさということになります。

C値は小さいほど隙間が少なく高気密だということになりますが実はこのC値、高気密住宅は〇〇㎠/㎡以下にしなさいという基準は特にないどころか計測義務もありません。まあ半分冗談ですが「気密住宅です。」と宣言すればC値0.2でも2.0でも気密住宅になります。

ではC値はいくら以下が理想かというと、そもそも気密化する理由になりますが、まず「冷暖房エネルギーを外に逃がさない」という省エネの観点と「室内の汚れた空気を計画された経路で換気扇を使って外に出す」というのが主な目的となります。(その他では結露対策も)

隙間風があるとエアコンの熱が外に逃げますので省エネ性能が悪く光熱費がかさみますし、高性能な断熱材を使用していも効果があがりません。また、穴の空いたストローでは水が吸えないのと同じで、隙間があると汚れた空気を計画通りの経路を通して吸い出すことができません。

換気メーカーさんによると良好な計画換気を行うためにはC値は1.0㎠/㎡以下で0.5以下だと理想的な換気が行えるとのことです。
今回の物件の測定値は0.2㎠/㎡ですのでかなり良好な換気・断熱効果が得られる数値だと言えると思います。

トモホームでは現在全棟気密測定を行って認定書をお渡ししています
一棟ごとの検査になりますので間取りや窓の個数などより数値は変わりますが、今後もしっかりした気密住宅を施工させていただきます。

薊野建売物件<吹付断熱>

前回JIOによる構造検査を受けましたが、検査に合格した後断熱材の吹付施工に入ります。
一般的に断熱施工ではグラスウール材などの充填が多いかと思いますが、筋交い端部などの小さい隙間に断熱欠損を起こさないよう充填するのはかなり難しい作業です。
トモホームでは日本アクアの現場発泡断熱材アクアフォームを使用していますが、専門業者が屋根と壁面に断熱材を直接吹付していきます。吹付直後に膨張しますので細部への充填が容易に行えます。

吹付断熱-吹き付け前

吹付前

吹付断熱-吹き付け後

吹付後

吹付断熱-しっかり充填

筋交い端部までしっかり充填されています。

吹付断熱-高気密高断熱

断熱性能がよく隙間もありませんので気密性能もよくなります。
高気密・高断熱住宅に適した断熱材です。

その他に吸音効果などもありますので詳しくは下記URLより日本アクアさんのHPをご覧ください。

株式会社日本アクア≫

薊野建売物件 <耐力壁>

建物の骨組み完了後、耐力壁となる筋交いや構造用合板を取り付けていきます。

筋交い 構造用合板

耐力壁の取付場所は強度計算により計画していきますが、地震に対する建物強度は最高の等級3を弊社標準として計算しています。

制震ダンパー

耐震等級3に加え地震の揺れを軽減する制震ダンパーも取付ます。

車のサスペンションのような装置ですが、本震はもちろん余震までしっり効き続けます。

遮熱機能付き防水シート

外壁面に屋根にも使用した遮熱機能付きの防水シートを貼り、その後日本住宅保証検査機構(JIO)による構造検査を受けます。

構造検査

薊野建売物件 <棟上げ>

棟上げ

棟上げの状況です。
雨の心配もなく気候も涼しかったので作業は順調にすすみました。

遮熱シート

夏場の屋根面からの赤外線対策のため遮熱シートを屋根に貼っていきます。
その後防水シートを貼ってこの日の作業が終了しました。

棟上げ終了

家の大きさにもよりますが、当日の作業後に雨が降ってもかまわないように屋根防水までして棟上げを終了するようにしています。

薊野建売物件 <基礎>

現場を開放して見学して頂く予定でしたがコロナウィルスの心配がありますので自粛させていただきます。 完成後には見れない部分など多くありますので今後工程ごとにブログで見ていただければと思います。 今現在の状況ですが基礎工事まで完了しています。

200421-haikin

↑日本住宅保証検査機構(JIO)による配筋検査状況

200421-kiso1
200421-kiso2

地盤調査は事前に行っており地盤沈下、液状化の心配は特にない地盤のようです。
またハザードマップによる確認では津波、洪水共に区域外となっていますので水の心配も無い地域のようです。

< 資 料 >

基礎と地盤補強の提案書(PDF)

液状化被害の可能性判定(PDF)

また工事が進みましたら報告させて頂きます。

テーマ : 家づくり
ジャンル : 地域情報

ごあいさつ
高気密・高断熱・遮熱・通気工法の
省エネ住宅『トモホーム』です。
お客様お一人おひとりに合った快適な暮らしを!をもっとうにスタッフ一同頑張っております。
高知で高気密・高断熱住宅をお考えの方は是非ご相談ください。

株式会社 土居工務店
住宅事業部 《トモホーム》
高知市高須本町8-3
フリーダイヤル
0120-189-718

事務所の場所
TOMOHOME ホームページ
トモホームホームページ
最近の記事
ブログ内検索
MENU
高性能標準仕様
オプション仕様リンク
リンク
お役立ちリンク
RSSフィード
訪問ありがとうございます
ブログランキング
応援お願いします。
ランキングバ-ナ-
bn
QRコード
QR