南海地震に備える <制震>

トモホームの制震について

みなさん、制震ってご存知でしょうか?

前回耐震等級について説明させていただきましが、今回は耐震+【制震】のご紹介です。

耐震が壁を強くして地震に耐えるのに対して
制震は地震の揺れ自体を抑える役割を果たします。

前回の耐震等級の記事において、熊本地震での耐震等級3の家屋では被害は軽微であったとの調査結果が出たとありました。ですが、1度目の地震で建物内部に多少なりともダメージは受けています。そして、その後繰り返される余震でさらに蓄積され耐震の強度は低下していきます。

弊社では、この揺れ自体を抑制し、お家にかかる負担を軽減するために
Hiダイナミック制震工法を取り入れています。

詳しくはHITACHIのHiダイナミック制震工法ページをご覧ください。

この工法、車のサスペンションのようなオイルダンパーが付いた装置で、地震の揺れを20~50%軽減させるものです。尚且つ繰り返す余震にも効果が持続します。
また家屋ごとにメーカーに解析依頼しますのでシミュレーションでおおよその低減率予測も見ることが出ます。

20180822耐震工法

建物全体を硬くる固定することで衝撃に耐える工法

20180822制震

建物の一部に可動部分を設け衝撃に耐える工法

20180822制震実績

現在の新築住宅において耐震等級3はもはや一般的なものになったと思います。
かつ震災のダメージを最小限に抑えるために
耐震+制震住宅 をご検討されてみてはいかがでしょうか?

テーマ : 家づくり
ジャンル : 地域情報

南海地震に備える <耐震>

トモホームの耐震について

みなさん、耐震等級をご存知でしょうか?

必ず来るといわれる南海地震への関心もありお施主様のなかにも理解されている方が増えてきたように思います。
その耐震等級ですが等級1~3の3段階で、数字が大きくなるほど地震に対する性能が上がります。(下記参照)

180822-03耐震 ・耐震等級1:建築基準法で定める最低限の基準。
およそ震度5程度で損傷しない。
また震度6~7で倒壊しないレベル。
・耐震等級2:等級1の1.25倍の性能。
・耐震等級3:等級1の1.5倍の性能。

耐震等級1を言い換えると震度6以上で損傷し、修繕の必要が出てくる可能性があり最悪の場合そのままでは住み続けることができないこともある、と言えると思います。
一方耐震等級3の建物では平成28年に発生した熊本地震で建築学会により発表された調査ではほぼ無被害又は軽微な被害であったことが報告されており、今後の地震に備え耐震等級3は必要なものであると思います。 また耐震等級が上がるにつれて地震保険も割引されます。等級3で50%の割引となりお得です。

弊社トモホームも耐震等級3を標準仕様としています。
ただ特殊な間取りによっては耐震等級2~3が不可な場合がありますが、設計段階でその様な間取りは避けた提案をさせていただいております。
またトモホームでは耐震に加えより地震に対して効果的な装置を導入しておりますがそれはまた次回紹介させていただきます。

テーマ : 家づくり
ジャンル : 地域情報

ZEH登録業者です!

トモホームの土居工務店はZEH登録業者です。

省エネ基準を超える省エネ住宅、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)。
トモホームの土居工務店は、ZEHビルダーとしてSII 一般社団法人 環境共創イニシアチブのコチラに登録されています。
ZEHをご検討されている方は是非ご相談ください。

ZEHについてのお問い合わせは
トモホーム フリーダイヤル: 0120-189-718 まで

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの補助金事業

24年度から始まった省エネ住宅への補助金ですが、5年目の今年も継続されます。
24~26年度は「ゼロ・エネルギー化推進事業」の補助金を使用しましたが
昨年からは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス事業(ZEH)」の補助金を使用しています。

ZEH とは…

快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備により、できる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となる住宅。

つまり、ご自宅で使用する冷暖房等の消費エネルギー分を太陽光発電などでまかなえる住宅です。

ZEHについて

以上の内容の住宅について一戸あたり定額125万円の補助が受けられます。予算に達し次第打ち切りとなりますが、公募期間は9月2日までです。
3年間のエネルギーの報告など、その他多少条件はありますが、太陽光発電を設置されたい方にとってはお得な補助金となっております。

毎年、公募が4月頃から始まるため、その期間内に間取りが決定し、ご契約に至ったお客様しか利用することができませんが、トモホームでは毎年1~2棟の受注をいただいてきました。(4年間計5棟)
今年も継続して取り組んでまいりますのでよろしくお願いいたします。

今年からZEH(ゼッチ)事業の補助を受けるため、平成32年度までの既築住宅の改修を含む年間着工戸数におけるZEH率目標の公表が義務づけられました。
平成32年度までにZEH割合が50%が目標とされますので、当社目標値として掲載させていただきます。(下記「ZEH目標計画書」)

今後も補助事業や当社の省エネルギー化への取り組みについて、随時配信してまいりますのでよろしくお願いいたします。

ZEHについての詳細は「SII 一般社団法人 環境共創イニシアチブ」HPへ

ZEH目標計画書
< 今後の普及率目標 (年度毎)>

注文:新築注文住宅/既築:既築改修

単位(軒)

平成28年度 平成29年度 平成30年度 平成31年度 平成32年度
ZEH 受託率 注文 7% 13% 20% 27% 33%
既築 7% 7% 7% 7% 7%
合計 14% 20% 27% 34% 40%
Nearly ZEH 受託率 注文 7% 7% 7% 7% 7%
既築 7% 7% 7% 7% 7%
合計 14% 14% 14% 14% 14%
ZEH シリーズ
受託率の合計

注文 14% 20% 27% 34% 40%
既築 14% 14% 14% 14% 14%
合計 28% 34% 41% 48% 54%
その他の住宅受託率 注文 65% 59% 52% 45% 39%
既築 7% 7% 7% 7% 7%
合計 72% 66% 59% 52% 46%
合計 注文 79% 79% 79% 79% 79%
既築 21% 21% 21% 21% 21%

ZEH受託率+Nearly ZEH受託率

クリーンな空気で暮す毎日

家族の健康はキレイな空気から
トモホームの高気密・高断熱・遮熱住宅は、全熱交換換気システムです。
24時間全熱交換換気システムが理想的な空気環境を実現します。

計画換気はどんな季節でも全室快適で低燃費
汚れた空気や不必要な湿気を屋外に排出し、新鮮な空気を室内に取り入れる計画的な換気を行います。高気密住宅なので、隙間が多く気密や断熱性の低い住宅よりも低燃費で全室空調と換気が可能です。

換気システム

高気密・高断熱・遮熱住宅では、高い気密性ゆえに高度な換気が重要です。
床下および各階に設置された換気システムにより、エアコンの効果を無駄にせず、
ベストな通気をコントロールします。

----------- * ---- * ---- * -----------

トモホームは、高気密・高断熱・遮熱設計と高度な換気システムを組み合せた高耐久仕様を基本に、様々なライフスタイルに対応できる注文住宅をご提案しています。トモホームの家づくりの哲学である、表面的に見えない部分にこそ手間をかけること。この基本姿勢が、ご家族の大切な財産である住宅をしっかりと守ります。

----------- * ---- * ---- * -----------
ごあいさつ
高気密・高断熱・遮熱・通気工法の
省エネ住宅『トモホーム』です。
お客様お一人おひとりに合った快適な暮らしを!をもっとうにスタッフ一同頑張っております。
高知で高気密・高断熱住宅をお考えの方は是非ご相談ください。

株式会社 土居工務店
住宅事業部 《トモホーム》
高知市高須本町8-3
フリーダイヤル
0120-189-718

事務所の場所
TOMOHOME ホームページ
トモホームホームページ
最近の記事
ブログ内検索
MENU
高性能標準仕様
オプション仕様リンク
リンク
お役立ちリンク
RSSフィード
訪問ありがとうございます
ブログランキング
応援お願いします。
ランキングバ-ナ-
bn
QRコード
QR